可愛いもかっこいいも叶う! 夏に取り入れたい大人のブルーメイク

ブルーの入れ方や色でバブルを回避!


出典:無料素材画像 写真AC

昔のギャルメイクやバブリーメイクのブルーアイシャドウと言えば、二重幅にがっつり入れてインパクト重視にしています。しかしトレンドのブルーメイクは「ナチュラルで清涼感ある目元」が基本!
ブルーは清涼感だけでなく、海や空といった自然を表現する色。実はアウトドアデートでも自然に馴染んでくれるカラーなんです。
解放感や安心感を目元にまとわせることができますし、暑い夏も涼しく過ごし肩の力を抜きたいといった場面でも大活躍!
トレンドを意識したブルーを取り入れて、リラックスした旬顔を手に入れましょう。

〈アイスブルーで涼やかに〉

アイスブルーは、淡いブルーを涼やかにしたようなカラーです。清涼感があるので夏にピッタリ!
まずはアイスブルーをアイホール全体に広げます。淡いカラーなので色の派手さはありませんが、赤みを帯びがちなまぶたに清涼感を与えてくれます。
アイラインにはアイシャドウを使うと、程よいリラックス感ある目元となります。おすすめは、ラメ入りのブラウンシャドウ。淡いブルーは目元がぼやけがちになるのですが、ブラウンのシャドウラインで優しい雰囲気も取り入れられます。
ブルーを使っていても、ふんわりとした可愛らしい印象になります。

〈ディープブルーで目元をきりりと引き締める〉

はっきりとした色のブルーを入れたい場合は、潔いシャドウラインのみの使用で美人アイを目指しましょう。入れる範囲は、目を開いた時にほんのわずか見える程度。瞬きをしたり、目を伏せたりといった時に、色気を出すことができます。
マスカラは、ブラックをチョイスして目力を強調。アイラインは使用しないので、マスカラできちんとフレームを強調しておきましょう。
ディープブルーはクールな目元と意志の強さを表現できるだけでなく、白目を綺麗に見せてくれます。かっこよく美しくブルーを使いこなしましょう。

ブルーに合わせるリップ&チークはヌーディーベージュ


出典:無料素材画像 写真AC

目元にブルーを置いていると、ピンクや赤は主張が強くなります。ヌーディーなベージュをチョイスして、大人の上品さや柔らかさを醸し出しましょう。
適度なツヤのある頬と唇にし、ブルーを邪魔しない品のあるメイクがお約束。大人のブルーメイクの完成です。

派手になってしまうのでは? と心配してブルーを取り入れられないという方にも、洗練された流行のメイクを取り入れられます。質感や入れる範囲にこだわることで、涼し気で夏にピッタリのメイクとなりますよ。

恋愛メイクライター:花梨