好きな人に合わせると恋が終わる!? 良い関係を築くコツとは?

・相手に合わせるデメリット!? 不満を感じてしまう理由とは?


出典:無料素材画像 写真AC

相手に合わせる人は、他者からの期待や義務感に沿って行動する思考パターンを持っています。
食べたい物や行きたい場所、見たい映画などを好きな人に合わせることができ、そのおかげで相手は望み通りのデートを楽しめます。
ですから、意見を合わせたせいで嫌われることはありませんが、「こんなはずじゃなかった」と不満を感じてしまうことも多いのです。
たとえば、好きな人が見たいと言った映画に、あなたはそれほど興味を持っていませんでした。だけど、「期待に応えたい」という思いから、その映画を一緒に見たとします。
それなのに、相手が「あまりおもしろくなかったね」と言ったら、「どんな映画を選べばよかったんだろう」とモヤッとしてしまいますよね。
それは、「せっかく合わせたのだから、おもしろいと言ってほしい」と、相手に対する期待が裏切られたからなんです。

・拒絶されることに敏感過ぎると恋愛は長続きしない

恋愛中は、相手の何気ない言動から自分を拒絶しているのではないかと考えることがあります。この考えの強さを、「拒絶への敏感さ」といいます。
拒絶への敏感さが高い人は、低い人の2倍以上の割合で恋愛が長続きしにくいという研究結果があります。
「拒絶されているのではないか」という不安が強くなると、相手の顔色をうかがったり、束縛したり、自分のことを好きかどうか確かめたりします。
すると、恋人は自分の愛情や行動を信じてもらえないことが辛くなり、やがて本当に拒絶するようになります。
さらに、拒絶や嫌われることを恐れるあまり、相手の気持ちを読んで期待に応えようとしますが、「これだけやっているのだから、自分の気持ちもわかってくれるはず」と考えてしまいます。こんな心の働きを、「読心術」といいます。

・自己主張をすることで、恋愛を楽しめるようになる


出典:無料素材画像 写真AC

これらのことから、相手に合わせようとする人ほど、「自分の期待通りであってほしい」という気持ちが強いといえます。
だけど、相手がいつも思った通りに行動したり、考えたりすることはありませんよね?
意外かもしれませんが、「自分はこう思う」と自己主張できる人は、相手の考えを寛容に受け止められる傾向があります。
自分がおもしろいと思った映画に相手が興味を示さない場合でも、「あなたがおもしろいと思う作品を教えて」と言って、相手の意見を受け入れられるのです。
なぜなら、「自分が感じたことを自由に話してもいい」と思っているからです。
ですから、人に合わせてしまう人は、自分の感じたままを伝えるように意識してみるといいでしょう。
そうすれば、「そんな考えもあるんだね!」と好きな人が意外な反応を示してくれるかもしれませんよ。

恋愛心理カウンセラー:美濃部由紀