オパールは一色じゃない? オパールの意味と種類や組合せ

キラキラとキレイなプレシャスオパール


出典:無料画像素材写真AC
「遊色効果」のあるオパールを「プレシャス(ノーブル)オパール」と呼んでいて、それ以外のオパールを「コモンオパール」として区別しているのです。そして、遊色効果のパターンにも種類があり、大きめのひし形をしているまだら模様は「ハーレクインパターン」。そして、モザイクのような模様をしているものを「パレットパターン」、針の穴のような細かいドット柄は「ピンファイアーパターン」とそれぞれ呼ばれているとか。このストーンの効果は、「自分らしさ」の解放です。自分の中に眠る「創造力」を引き出してくれるといわれています。

では、純粋なオパールの効果は?

オパールは、ヨーロッパでは昔から「霊的」な力が宿るとされていて、魔術的なパワーがあるとされていました。そのため、この石が持つ不思議な輝きで、「自分の姿を消せる」と信じられていたからこそ、「盗賊のお守り」の異名を持っているともいわれていました。
このストーンは、持ち主の自分らしさを引き出してくれるので、「引っ込み思案」の人には強いお守りとして力を発揮してくれるのです。しかし、この輝きが多彩だからこそ、持つときの精神状況によっては「不安」を引き出してしまう場合も。ですから、使うときは自分の心理状況をきちんと把握してから使いましょう。


出典:無料画像素材写真AC

オパールと相性の良い石をご紹介!

では、このストーンと相性の良い石をご紹介いたします。組み合わせ次第では、自分の力をさらに引き出せるでしょう。おすすめなのは、「トパーズ」です。この石と組み合わせてみると、自分の「運命の相手」や「天職」との出会いが待っているとか。そして、「シャッタカイト」と組み合わせるとさらに「自分らしさ」が引き出され、社交性も上がるといわれています。もし、気になるものが合ったときは、ぜひ試してみてください。

ストーンの力を有効活用すれば、自分をもっと成長させることができます。そして、自分の中でもっと高い目標へ挑戦する気力もみなぎるでしょう。ですから、深刻に考えすぎずに自分に必要なものを探してみることが大事なのです。

<出典・参考文献>

・『パワーストーン 宝石の伝説と魔法の力』(草野巧著)2005・新紀元社

・『パワーストーンの教科書』(結城モイラ著)2015・新星出版社


占いコラムニスト:水守湊