花火やお祭りでモテちゃおう! 夜の浴衣メイクのポイントは?

浴衣ベースメイクのポイントは?


出典:ぱくたそ

浴衣はフォーマルな和装とは違い、カジュアルな着物です。なので、ばっちり濃いメイクよりも、ナチュラルなメイクの方が似合います。ベースメイクは素肌感のあるセミマット肌がおすすめです。
夜のお祭りや花火大会への参加は夜であることが多いでしょう。夜に対応したメイクをしていくことが大切です。
夜に映えるメイクはツヤを重要視しましょう。暗い場所では、チークをたくさん塗っても顔色を良く見せられないどころか、顔がくすんで見えてしまいます。
Tゾーンだけでなく頬の高い位置にハイライトを乗せることで、顔がぱっと華やかになりますよ。ツヤを味方につけましょう!

アイメイクはナチュラルに!

せっかくの浴衣デートならば、メイクに気合を入れたい! 頑張りたい!
そう思うのが女性の心です。しかし、カジュアルな和装である浴衣の場合、アイメイクの張り切りすぎは当然NGです。
眉メイクはきりりと角度をつけるよりも、ふんわりしたアーチ眉か涼やかなストレート眉がおすすめです。いつもより明るめの色でふんわり仕上げましょう。
パウダーだけだと汗や皮脂で滲んで消えてしまうこともあるので、ウォータープルーフのペンシルやリキッドを使うと安心です。アイブロウコートという透明のトップコートを重ねる方法もありますよ。
浴衣で外を歩いているとなかなかメイク直しもできない上に、メイク直し用のアイテムもたくさん持ち歩けません。「眉毛が無いのでは」と心配しなくて済むよう、崩れないメイクを心がけましょう。
アイシャドウもツヤを意識。濃い色を使うよりも、パール入りの淡いカラーでシンプルに仕上げましょう。マスカラやアイラインもやりすぎないよう、控えめにすると浴衣に合うメイクが完成しますよ。
「強そう、仕事ができそう」といったメイクは封印。抜け感があるメイクで蒸し暑い夏の夜を涼やかに過ごしましょう。

リップメイクはうるうるのツヤで色っぽく


出典:無料素材画像 写真AC

顔色を良く見せるためにも、リップできちんと色味を出したいところです。ですが、マットで濃いリップだとちょっと浮いてしまいます。そんな時はクリアな発色で、ツヤを出してくれるグロスがおすすめです。
特に赤グロスは、夜でも顔色を良く見せてくれ、さらに色っぽいツヤも手に入れられます。輪郭をきっちり取るよりも、ラフに塗るくらいが浴衣メイクにはちょうど良いです。
それだけでは色味が足りない! という場合は、唇の内側に指でぽんぽんと赤リップを乗せ、その上から赤グロスを乗せましょう。色っぽいグラデーションリップになりますよ。

浴衣でデートをして、いつもと違った雰囲気で彼をドキドキさせましょう。せっかくのデートをさらに盛り上げるメイクをして、素敵な夏の思い出を作ってくださいね。

恋愛メイクライター:花梨