小物の整理が運気を高めるカギ! 風水から見る適切な管理法

風水は取り巻く運気の流れを変えるのに役立ちますが、いっぺんに全部のことに取り組もうとすれば、とても大変です。あれもこれもと欲張ってしまっては、途中で面倒くさくなって挫折してしまうことにもなりかねません。身近なところから手をつけていくのがベストです。ここでは、身の回りにある小物をうまく整理していく方法を見ていきましょう。

カラくて美味しいベジインドカレーを仲御徒町「VEG KITCHEN(ベジキッチン)」で楽しむ!

インドはベジタリアンの本場。そんなベジインドカレーの美味しいお店が東京の御徒町にあります。
今回の家庭菜園ベジタリアンたっくんKTの「ベジで食べ歩こう」☆第56回は、カラくて美味しいベジインドカレーを楽しめる仲御徒町の「VEG KITCHEN(ベジキッチン)」をご紹介します!

見えないところにこそ気を配る! 風水から考える下着の色と買い方

風水の視点から見ると、普段よく身につけている物に意識を向けることは大切なことです。
特に肌とじかに接触している物は注意を払う必要があるでしょう。
どんな人でも普段身につけているものといえば……そうです「下着」ですね。
今回は風水学から見てどんな下着が良いのかを見ていきましょう。

彼の「欲求」に合わせたデートの誘い方とは!?

10月にはハロウィンのイベントも目白押し。
せっかくなら気になる人をハロウィンのイベントに誘いたいけれど、どんなイベントに誘えばOKしてもらえるだろう?
今回は恋愛心理カウンセラー美濃部由紀が、好きな人とハロウィンをきっかけに、もっと距離を縮めたい人のための誘い方をお伝えします!

「地主神社」江戸時代にはすでに恋のアミューズメントパーク化! 明るく楽しい縁結びスポット!

京都の清水寺の境内にある神社がこの地主神社(じしゅ じんじゃ)は日本建国以前からあると言われるくらい古い神社です。
こちらはとにかく「縁結び」に特化していて、縁結びアイテムが多数あるんです。
昔から庶民の神社として愛されて、とりわけ若い女性の恋心を虜にしたであろうイベントも盛りだくさんの自主神社を、古今東西運命学探求家CHAZZがご紹介します!

【血液型別花札占い】開運! お月見の楽しみ方!

2017年、今年の十五夜は10月4日となります。
十五夜は満月、というイメージが強くあると思いますが、旧暦の8月15日がいわゆる十五夜なのですが、太陰暦と太陽暦ではズレがあり、満月お月様が昇る日が旧暦8月15日ではないので、現在の十五夜お月さんは満月であるとはいえないのです。
でも、お月様には素晴らしい開運パワーがあるので、十五夜にはぜひお月見をしていただきたいものです。
今回は、花札鑑定師うめざわみきが、血液型別にお月見の楽しみ方を花札さんに聞いてみました。

【数秘学&マヤ暦】「ご主人との関係性」と今後のヒントを知りたい!

星の数ほどの男女が縁あって夫婦になるということは、何かしらの意味があるからです。
ただ、そのご縁はお互いが成長しあうという要素もあるので、必ずしも気が合うことばかりではないのです。
今回もパーソナルライフコーチの涼木ゆかこがマヤ暦と数秘学でみる「人生マップ」を使い、相談者様のご主人との関係性のヒントを見ていきましょう。

【誕生月別占い】秋本番! 食欲の秋? 芸術の秋? 10月の運勢とハッピー行動4〜6月生まれさん 

9月も半分が過ぎようとしています。意識して日々を過ごしていますか?
9月23日頃の秋分の日を境に、エネルギーが大きく変わっていくとも言われています。
そこで今回も誕生月別占いシリーズ、「秋本番! 食欲の秋? 芸術の秋? 10月の運勢とハッピー行動」で4〜6月生まれさんを占っていきます。
ぜひチェックして、10月の予定を立てる参考にしてくださいね。

【辛口婚活相談】元カレのような人とは結婚できないのでしょうか?

新しい恋愛をしたいのに、元カレ以上に素敵な男性に出会えない!
出会っても元カレ以上の人が現れなくて、別れなきゃよかったと後悔している、恋愛、婚活こじらせ女子も多いのでは?
今回も星の数ほどの婚活を経験してきた婚活女史ユノが、少々辛口にお話しいたしましょう。

忙しくて開運方位に行けない人にオススメの開運方法(その2)「お家風水」

9月は2017年最大の運のピーク=最大開運月となります。
開運方位に行く開運することはわかっているけど、仕事や色々な都合でそう簡単には出かけられない。
そんな方に3回にわたり、さまざまな事情で開運方位に行けない方のための開運方法を、風水真理カウンセラー楠木あさ美が伝授いたします!
2回目の今回は、お家で実践できる「お家風水」です。

幸せから遠ざかっていませんか? 罪悪感から解放されるには

私たちはさまざまな経験をしてその経験をありのままに受け入れ、それらの経験を通じてありのままの自分を愛するために、この人生を与えられているという考え方もあります。
今回はパーソナルコーチでもあり、リズ・ブルボー<からだの声を聞きなさい>スクールのカウンセラーでもある深井沙織が、あなたを幸せから遠ざけてしまう罪悪感についてお伝えします。

秋の味覚で 運気も上がる“赤ちゃん肌”を目指そう!

秋は、食欲の秋ともいわれるように食べ物が美味しく感じられる季節ですね。
秋の食材は、美味しく食べて美容にも健康にもよいものがたくさんあります。
そして、運気も上がる“赤ちゃん肌”になれる季節なのです。
その秋の食材の効果的な食べ方を、スピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。

「今宮神社」は玉の輿神社! シンデレラストーリーを夢見る欲張り女子に開運パワーを授ける?

江戸時代より玉の輿神社と俗名・異名を持つ神社が京都西陣にある今宮神社(いまみや じんじゃ)です。
「玉の輿にのる」という由来になったとされる歴史上有名な人物が徳川第五代将軍綱吉の母である桂昌院さまなんです。
今回も古今東西運命学探求家CHAZZが、玉の輿にのるという強運なご利益の神社についてご紹介していきます!

マヤ暦エネルギー予報 白い鏡の13日間

マヤ暦は紋章ごとに巡るエネルギーが変化します。
マヤ暦から見る2017年9月18日の13日間のエネルギーは、白い鏡という紋章が巡ります。
今回はみらくるナビゲーターみらくるらぶちゃんこと、らぶらどらいとが「白い鏡」のエネルギーについてお話ししましょう。

スマホの美肌アプリは最強の恋愛戦略!?

最近のスマートフォンのアプリには、美肌自撮りアプリというものがたくさん出ています。
SNSに載せるため、美肌アプリでお肌をツルツルに、目を大きくしてと、努力している女子も多いですよね。
そんな努力をしてでも、女性はより魅力的な顔を男性に見て欲しいのです。
そんなわけで今回は、恋愛心理カウンセラーの美濃部由紀が、男性が魅力的だと感じる顔のポイントについてお伝えします!

風水学の視点から見る物質の色・素材・形

風水では物の色や素材、形はそれぞれ意味があります。
これらをきちんと押さえておくことで、風水による運気UPの効果を最大限に高めることができるのです。
それぞれ具体的に見ていきましょう。

なぜ、生まれる子どもに“名頭3画”の字を付けてはいけないのか?

姓名学は複雑な学問です。画数はもちろんのこと、音の五行、漢字の語源、音霊などが文字通り、複雑に絡み合っています。姓名判断をかじったことがある人なら、「 名頭3画はとりあえず避けた方がいい」という話を聞いたことがあるのではないでしょうか?
今回はなぜ、名頭3格の字が名付けに相応しくないのか、姓名学者、八田靖彦がご説明いたします。

風水の視点で見る「良い気を招く」ための3つのポイント!

風水に関心があるということは少なからず、良い運を招くにはどうしたらいいか考えているからでしょう。良い気というものは、風水では環境が整っているところに来るといわれています。居心地の良い場所に長く留まりたいと思うのは人間だけではなく、気の流れも同じなのです。住まいや日々の生活で運気を高めていくポイントを見ていきましょう。

家族の仲を良くするポイントは「南西の方位」、風水で家庭運UP!

家庭運に関係しているのは、風水では南西の方位といわれています。したがって、リビングの位置は南西の方位が適しているのです。家庭運という土台が安定することによって、金運や仕事運にも良い影響を与えることになります。具体的にどういった点に気をつけるべきかを見ていきましょう。

中身がゴチャゴチャしていませんか? 風水から見る財布の正しい管理法

スッキリとしたお財布とゴチャゴチャと物が詰まっているお財布とでは、見た目の印象もさることながら、金運の流れにも影響を与えてしまいます。お財布について意識をしておきたいことは、「財産の部屋」だという意識を持つことです。雑然とした部屋に良い運気がもたらされないように、パンパンになっているお財布は運気を下げてしまう原因にもなってしまいます。お財布の正しい管理法について見ていきましょう。

ネガティブだって駄目じゃない! ありのままの自分を認めてみよう。

ありのままの自分を認める。心の問題を扱うときによく聞く言葉です。
ネガティブな感情も、ありのままに受け止めて良いというテーマで、今回は逢坂朋代が「自分を認める」ということを分かりやすく教えてくれる本、漫画家の細川貂々さんと精神科医の水島広子さんの「それでいい。自分を認めてラクになる 対人関係入門」ご紹介します。