【手相】新天地は強運?それとも疲弊?~旅行線と疲労線~ 

一般的に旅行線は、生命線から枝分かれして月丘に向かう線を指し、「月丘」の意味となる創造性や感受性、人との関わり、芸術性を活かした活躍を自らの力で達成させていく強運線と言えます。月丘に向かわず、手首中央側(地丘)に数本向かう場合は、旅行線ではなく、「疲労線」として、身体が疲れている良くない意味で解釈されることが多いようです。
今回は、これらの線の意味や違いをどう結び付けたらよいのかを、手相セラピストの花岡正人が御指南いたします。