【手相】身を焦がすほどの大恋愛の線(パイプライン)

手相学では「パイプライン」と呼ばれる線があり、結婚線と、親指の根元の生命線が囲む部分(金星丘もしくは第一火星丘)から延びる線と重なる見え方を示し、「大恋愛線」とも言われる、赤い糸で結ばれ強く惹かれる出会いや恋愛がある前兆を表します。
今回はこの「パイプライン」について、手相セラピストの花岡正人がお伝え致します。