良い画数を持った土地は、人も運も引き寄せるー数霊に護られた地名をチェックしよう

新型コロナウイルスが猛威を振るう中、皆様、いかがお過ごしでしょうか。穏やかとは言えない年度末を迎えたまま、就職・進学などによって、上京して新しい生活を始められた方も多いかと存じます。
今回は、4月に新天地でスタートを切られた皆様に向け、地名の持つ不思議な力についてのお話しを、姓名学者の八田靖彦が致します。

必要とされる人が教えてくれること

春はスタートの季節、人生をどのように生きてゆくかを考えてみるのにもいいタイミングのように思います。周りを見渡し皆から必要とされている人がいるならば、人生を豊かにすることを学べる大切な人かもしれません。
必要とされる人が教えてくれること、スピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。

「なんとなく」、ただ感じる気持ちとは

日々の生活の中で「なんとなく」という感覚を感じるときありませんか。例えば、なんとなく行きたくない、なんとなく食べたいと思うとき。その「なんとなく」にはメッセージが込められていることが多いもの。
「なんとなく」というただ感じる気持ちにとは。スピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。

神様とのご縁を授かるという「歌占」に導かれ、松緑酒造「六根」を紹介する(前編)

現代のおみくじのもととなった「歌占」(うたうら)というものがあり、それを今によみがえらせ引くことができる神社が都内にあると聞きました。その神社は、ときわ台天祖神社。
歌占により、一柱の神様とご縁も授かるということで、私はどんな神様とのご縁をいただけるのか?
期待に胸ふくらませ、伺ってみました。

心に美しい花を咲かせよう!

季節ごとに咲く美しい花たち。私たちの人生の節目にも寄り添い、その姿を見せてくれます。華やかさだけではない儚くも美しい花のエネルギーを、私たちはどこかで感じているのかもしれません。心にもそのような花を咲かすことができたら。
スピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。

どこにいても、居心地がいい自分のつくりかた

誰しも居心地がいい場所、悪い場所があるはずです。どのような場所でも居心地が良ければ、いつでもどこにいても居心地がいい自分でいることができます。そのような状況に一歩でも近づくことができたなら見た目も心も変わってくるはず。
居心地がいい自分のつくりかたを、スピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。

西洋占星術〜12星座研究 その12「魚座徹底研究」

魚座のスタートは「雨水」です。そこから「啓蟄」を経て牡羊座のスタート「春分」までの期間が魚座のシーズンです。
西洋占星術〜12星座研究その12~最終回「魚座徹底研究」、西洋占星術師のホシハルカが語ります。

やる気が起きないとき、やる気になる方法とは

やるべきことがあるときに、やる気が起きないということありませんか。ただ時間だけが過ぎて行くというのは辛いもの。そのようなときでも、やる気になる方法を知っていれば気持ちが楽に過ごせます。
やる気になる方法とは、スピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。

失ってしまった信用、取り戻す中で得るものとは

信用を失うことはとても辛いものです。そして失ってしまった信用を取り戻すことが難しい場合も多くあります。ですが、相手に誠意を持って接することができれば、得るものもあるのです。
スピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。

「特別」であるという幸せは、どこからやってくるのか

私たちの周りには、特別な人、特別なこと、特別というものが何かしら存在していると思います。「特別」ということがあることは幸せなこと。その幸せはどこからやってくるのでしょう。
スピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。

めざせ令和2年・2020年婚! 運活風水のススメ その6

皆さま、ごきげんよう!  風水心理カウンセラーの楠木あさ美です。
2月4日の立春から、暦の上でも令和2年がスタートしました。運気のエネルギーも新たに今年こそは運命の相手に巡り逢いたいシングル女子必見!婚活が成功する『開運風水』の6回目の更新です。
今月も婚活を成功にみちびく開運活動=『運活』をお伝えしてまいります。

人生恨まず、進んで行くその先にあるものとは

人生、山あり谷あり。幸せなこと辛いこと、あるものです。谷が続くときは、人生を辛く感じてしまうこともあるでしょう。ですが、そのようなときも人生を恨まず進んで行くことができれば自分の人生に意味を見出せるはず。
辛さに負けず進んでいくその先にあるものとは、スピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。

頭が硬い人になりたくない!頭を柔らかく保つには

頭が硬い人というのは、あまりいいイメージありませんよね。なぜ頭は硬くなってしまうのでしょうか。できれば頭は硬くなく柔らかくいたいものです。
頭を柔らかく保つには、スピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。

バレンタインデー、想いを伝えるべき?!

冬の一大イベントのバレンタインデー、好きな人に想いを伝えることはとても勇気のいること。想いを伝えるべきか悩む人も多いのではないでしょうか。
後悔のないよう素敵なバレンタインデーを過ごすには、スピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。

【運命の輪】を模した新政 新年干支ボトルと飛鳥時代から続く信仰の山大平山

2020年の松の内も明けたところで、日本酒女子で新年会をしました。
その際に、私は見逃せない限定ボトルに出会いました。
そのボトルには小さな絵馬がついており、太平山三吉神社でご祈祷いただいた縁起物なのだそうです。
ということで、今回は、その限定ボトルを醸した新政酒造と飛鳥時代から信仰の山として崇められた大平山山頂に奥宮がある大平山三吉神社と三吉信仰について、前編・後編にわたりお話していきたいと思います。

ワクワクしたら、○○の前触れ

人生の中でワクワクする瞬間、それは○○の前触れを意味しています。ワクワクした気持ちが生まれたとき、いったいどのようなことが起きているのでしょうか。
ワクワクによる○○の前触れについて、スピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。

初日の出を見逃しても大丈夫! 新春の太陽はまだ拝める

元旦に見ることができる初日の出。天候に恵まれず、早朝に起きることができず、または仕事でタイミングが合わず見逃してしまうことも少なくないのではないでしょうか。そのような場合でも大丈夫、新春の太陽を拝める日は他にもあるのです。
スピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。

@今月のときめき風水~あなたの運勢と開運方位・2020年1月睦月(1月6日~2月3日)~

皆さま、ごきげんよう! 風水心理カウンセラーの楠木あさ美です。
新年明けましておめでとうございます!
カレンダーでは毎月1日が月の始まりですが、太陰暦をもとにする風水では、1月6日から2月3日までが1月。二十四節季では「小寒」「大寒」という、新春ならではのフレッシュさを感じさせるキーワードです。
そんな今月のあなたの運をもっとときめかせる、令和2年1月の運勢と開運方位を、風水心理カウンセラーの楠木あさ美がお届けします。

新年開運法2020年~実践編~

前回は準備編をお伝えさせて頂きました。
今回は実践編です。
色々整理をし、来年の目標は定まってきたでしょうか?
現実的に出来る実践方法を、占い師の視点から愛海がお伝えして行きます。

物事が上手くいかないときのメッセージとは

物事が上手くいかない、思うように前に進むことができないというときありませんか。そのようなときは、あるメッセージが贈られているとき。メッセージを理解することで思うように前に進むことができるようになります。
そのメッセージとは、スピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。

「厄年」に本当に起こることとは? 「厄年」の過ごし方

誰にでも巡ってくる「厄年」。厄災が降り掛かりそうで不安に過ごす人や、厄除祈願に行く人も多いのではないでしょうか。
そこで、「厄年」に本当に起こることや「厄年」の過ごし方について、スピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。

めざせ令和2年・2020年婚! 婚活風水のススメ その4

皆さま、ごきげんよう!  風水心理カウンセラーの楠木あさ美です。
2019年は時代が平成から令和に変わり、誰もが時代とともに環境が変わる年回り。去年の今頃はどこもかしこも『平成最後の○○』というキャッチフレーズがあふれていましたが、今年に至っては『令和最初の12月』『令和最初のクリスマス』ですね!今月も婚活中の皆さんの婚活を成功にみちびく開運活動=『運活』をお伝えしてまいります!

新年開運法2020年~準備編~

今年も残すところ僅かとなりました。
2020年はどんな年になるのでしょうか?
良い年を迎える準備は、実は大切なことです。
今回は、新年を迎える為の準備を、占い師の視点から愛海がお伝えして行きます。

宇宙はすでに準備している、悲しみの後には訪れるものがある

人間にとり生きることに大切な水分。その水分が身体から出て行くときがあります。なかでも涙は心の状態により出るもので、悲しいときに出る涙は辛いものです。そのような辛い涙を流すときでも宇宙は寄り添い、悲しみの後に訪れるものを準備してくれています。
悲しみの後に訪れるもの、スピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。

心のざわつきを癒すだけじゃない! クリスマスソングを、聴いたほうがいいワケとは?

クリスマスが近づくとクリスマスソングを耳にする機会が多くなります。店先で聞こえてくるときもあれば、家でじっくりと楽しむこともあります。クリスマスソングは、心のざわつきを癒すだけではなく聴いたほうがいいワケがあるのです。
そのワケとは、スピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。