【手相】不動産の財を得る「不動産線」がある?

貯蓄として土地や家などの財産を得て、財を成していく線としては「財運線(別記事参照)」が有名ですが、土地や家、マンションなど不動産運に特化した線として「不動産線」と呼ばれる相があります。
今回は「不動産線」について、手相セラピストの花岡正人がお話しします。

【十二支別花札占い】7月6日~7月12日 金運・健康運と7月のラッキーフード

7月7日は七夕です。梅雨の真っ只中ですが、この日ばかりは晴れて欲しいと願う人も多いのではないでしょうか。どうかアルタイルとベガの視界が良い日でありますように。
そんなこの週の金運・健康運と、7月のラッキーフードについて、花札占い師のうめざわみきが花札さんにお伺いを立ててみました。

【誕生月別 大地未来タロット占い】6月29日〜7月5日 週運 対人運・出会い運を占う!

こんにちは!大地未来です。
少しずつ人々の生活が以前のように戻っているようにも見えます。
外出を控えていて人と会う機会が減っていたかもしれません。
久々に人と会うと緊張してしまう、という方もいるかもしれません。
生まれ月別の対人運・出会い運を占っていきます。

【十二支別花札占い】6月29日~7月5日 金運・健康運と今年のラッキーカラー

2020年も半年を過ぎます。今週は折り返し地点に当たります。前半部分で出来なかった事・出てきた課題などを取りまとめて、今後の指針のひとつにできるといいですね。
そんなこの週の金運・健康運と、今だからこそ再確認しておきたい今年のラッキーカラーについて、花札占い師のうめざわみきが花札さんにお伺いを立ててみました。

神様と会話しながら、自分だけのオラクルカードを作り上げる【日本の神様カードぬり絵】

月2回程度、日本酒と神様のこと、オラクルカードのことを書いているミラクルナビらぶちゃんです。

今回は、各種オラクルカードを愛してやまない私が、【日本の神様カード ぬり絵】を実際に色付けしながら、世界にたった一つの自分だけのカードを作り上げていく過程と、オンラインで受講した日本の神様カード入り口講座を経て、日本の神様カードとの仲をより深めたお話をしていきますね。

日本古来の秘術「墨色占い」~自分で占う~

「墨色」とは、筆と墨とで和紙に書いた文字の形や勢い、そして墨のかすれ具合などから運勢を占う日本古来の占術です。この記事は、五十六謀星もっちぃが墨色占いを現代の道具で気楽に楽しんでいただけるように工夫し、誰でも自分で結果を判断できるようにまとめ直したものです。是非とも道具を手にして、よく当たる伝統的な占いの世界を楽しんでみてください。

日本古来の秘術「墨色占い」~自分で占う~

「墨色」とは、筆と墨とで和紙に書いた文字の形や勢い、そして墨のかすれ具合などから運勢を占う日本古来の占術です。この記事は、五十六謀星もっちぃが墨色占いを現代の道具で気楽に楽しんでいただけるように工夫し、誰でも自分で結果を判断できるようにまとめ直したものです。是非とも道具を手にして、よく当たる伝統的な占いの世界を楽しんでみてください。

第16回ジオマンシーショートストーリー ケース16「竜の尾」〜ミライの場合〜

ジオマンシーは、アラビア生まれのとても当たる占いです。
ジオマンシーの16のシンボルにまつわる物語を、一話完結のショートストーリーとしてご紹介していきます。
最終回のシンボルは、「竜の尾」。
主人公ミライは、どんな今に終わりをつげ、自身の名前のどおり、未来を切り拓いていくのでしょうか?

【手相】ユーモア線がある人だから子宝に恵まれる!? 

感情線の入り口(小指下)に「くの字」のような支線が何本か出ている現れ方を「ユーモア線」「ウィット線」などと呼ぶことがあり、「子宝線」「生殖線」と言うこともあります。
今回は「ユーモア線」について、手相セラピストの花岡正人がお話し致します。

【誕生月別 椎名マキ ボイジャータロット占い】6月8日~14日までの対人運・出会い運

自粛解除となり、少しずつ日常が戻ってきている感じですね。この自粛期間ではオンラインでのコミュニケーションもずいぶん増えてきたのではないでしょうか。
今回も、【誕生月別 椎名マキ ボイジャータロット占い】6月8日~14日までの対人運・出会い運をテーマにみていきたいと思います。

今月のときめき風水~あなたの運勢と開運方位・2020年6月水無月(6月5日~7月6日)

皆さま、ごきげんよう! 風水心理カウンセラーの楠木あさ美です。
全国的に緊急事態宣言が解除されたものの、まだまだ気が抜けない日々が続いていますね。賢明なるウラスピナビ読者の皆様は、いかがお過ごしでしょうか。穏やかにお家時間を過ごされ、この記事を読んで頂けることを祈っております。
今月のあなたの運をもっとときめかせる、6月の運勢と開運方位をお届けします。

西洋占星術でみる、太陽星座別 2020年 6月の運勢

紫陽花の花がきれいな季節になってきましたね。自粛明けでホッとする気持ちと、まだまだ気の抜けない状況が織り混ざっている昨今です。
西洋占星術師ホシハルカが 6月の太陽星座占いをお届けします。

【手相】病気の印(サイン)は症状悪化で変化する!?

手相学では、線以外の「紋」と言われる印、記号のような紋様による見方があります。
その形は様々で、☓、+、△、□、♯、米、〇など多くの種類があり、その意味も異なります。
今回は一般的な手相学での意味もチラッと紹介しながら、病気に関わる「掌紋医学」としての紋(病理紋)の現れ方を、手相セラピストの花岡正人がご紹介致します。

【十二支別花札占い】5月25日~5月31日 金運・健康運と5月のラッキー行動

五月晴れ(さつきばれ)と言えば6月の梅雨の合間の晴れ間を指しますが、これを「ごがつばれ」と読むと、5月の清々しい晴れ間の事を指すそうです。ご存じでしたか?
そんなこの週の金運・健康運と、5月のラッキー行動について、花札占い師のうめざわみきが花札さんにお伺いを立ててみました。

日本古来の秘術「墨色占い」~自分で占う~

和紙に墨書する文字の形質から様々なことを占う、「墨色」という日本の伝統的な占術があります。筆で文字を書くという生活習慣がなくなるとともに、占いの世界の主流からも消えてしまったこの占術ですが、五十六謀星もっちぃが、自分で占える墨色占いとして現代風にアレンジしています。今回のテーマは、「頑張るべきこと」です。

ちょっと待って!「好きな相手のために自分を磨く」は危険?

自粛生活が続く中、そんな時は「自分磨きを頑張ろう」と考える人も多いでしょう。
少しでも自分を向上させるために、時間をつかうことは素敵なことです。
鑑定を行う中でも「自分磨きをする」はよく聞かれるフレーズです。
鑑定を通しふと感じるのは、その「自分磨き」が少々間違っているのでは?ということです。
あなたの「自分磨き」が有意義になるよう、占い師の観点から大事なポイントをお伝えしていきます。